BLOG

ブログやコラムを配信致します。

ミラースクリーン -ディスプレイをミラーで隠す、ミラーの奥に映像を観る-

  • 2017 / 7 / 14
テレビや外付けHDDの配線、テレビの厚み分だけ壁から出っ張り、なんだか生活観が出る空間気になりませんか?


映像透過ミラーシステム『ミラースクリーン』が解決します!!!
壁の中にTVやPC画面を全て埋め込みミラーで隠し、ディスプレイの映像は電源を付けるとミラーを通して鮮明に映し出します。


タッチセンサーフィルムを追加することで、画面に直接触れて操作も可能。


■カラーバリエーション:ミラー/ダークミラー
■ガラスサイズ(W×H×T):最大ディスプレイサイズ
・1900×1200×6mm :80″
・1600×1100×5mm :65″
・1200× 900×5mm :50″


ハイテクで洗練されたインテリアデザインを演出されたい方は、いかかですか?


詳しくは、
ハーフェレジャパン
https://hafele.co.jp/jp/products/31817.asp をご覧ください。


MORE

ミラースクリーン  -ディスプレイをミラーで隠す、ミラーの奥に映像を観る-

お部屋の悩みを即解決!! 樹脂性内窓「インプラス」

  • 2017 / 6 / 29
今ある窓に、プラスするだけで、色々な快適さがアップする「インプラス」

断熱効果
お家の中で熱の出入りが最も大きいのが「窓」
窓の断熱性機能がアップすれば、住まい全体の断熱性能はグンとアップ。
暖冷房費もダウンして家計にもやさしい。

遮熱効果
遮熱高断熱複層ガラスを使うと、室外側ガラスにコーティングした特殊金属膜により、夏の強い日差しを60%カット。
冷房効果を高める。室内の明るさはそのままに、窓から入る熱をカットして紫外線も大幅に遮断。家具やインテリアの色あせも防ぎます。

結露軽減
外気によって冷やされるガラスやサッシ。これに室内の空気が触れると空気中の水分が水滴となって結露が発生。
結露は、住まいを傷めるだけでなく、カビやダニ発生の原因にも。

防音効果
外窓とインプラス、その間の空気層が障壁となり、高い防音効果を発揮。

目隠し効果
目隠し効果のあるガラスをセレクトすれば、室外からの視線を気にすることなく開放感を感じることが出来る。

スピード施工
今ある窓の内側に窓枠を取り付けるだけなので、1窓あたり約1時間で工事は完了。
大がかりな工事ではないので、戸建てだけではなくマンションにもおすすめ。

MORE

 お部屋の悩みを即解決!! 樹脂性内窓「インプラス」

壁材を変えて、お部屋の調湿・消臭

  • 2017 / 6 / 27
お部屋のニオイ・・・特に、じめじめした梅雨の季節には湿度なんかも気になりますね。

そこで、ご紹介したいのがLIXILの「エコカラット」

この内装機能建材を上手く使うことで、ちょうどいい湿度(調湿)・ニオイすっきり(ニオイ吸着)・有害物質フリー(VOC吸着)な快適なお部屋になるのです。
エコカラットは、粘土鉱物のように、微細な孔を持つ原料を焼成して作られます。
ジメジメした時には、孔に中に湿気を閉じ込め、乾燥したときは吐き出す為自然に調湿が出来ます。
ニオイ・VOC等は孔に中吸着してしまいますので、生活臭やペット臭・シックハウス対策にもつながります。

タイルのような意匠性があり、施工も簡単なため、 部分的に壁の仕上げを変える、「アクセントウォール」的に、 利用してもオシャレです。

この様に、高機能でデザイン性の高いエコカラットですが
エコカラットプラスというもう一つアップグレードされた、汚れにも強い商品も魅力です。

MORE

壁材を変えて、お部屋の調湿・消臭

リノベーションのメリット・デメリット

  • 2017 / 6 / 22
-------メリット-------

自由に設計できる
・間取りを変えたり、個室を作ったり、システムキッチンを設置するなど
・生活スタイルに合った住宅の実現が出来る
物件の選択肢が増える
中古住宅等の購入で、希望するエリア生活スタイルなど、希望の条件を満たしやすい
新築を建てるよりもコストを抑えられる
リノベーションをしたほうが、20〜30%程費用をやすく抑えられるケースが多い

-------デメリット-------

築年数が長いために耐久性に不安
・建築基準法の改正・耐震基準の大幅な法改正などで建物自体の設計基準を知ること。基準を満たされていない場合は、更に費用がかかる
住むまでに時間が必要
中古物件購入後、建築検査・設計・施工などの作業が行われた後、引渡となるので時間がかかる
ローンの金利が高くなりがち
・リノベーションの費用は一般の住宅ローンが利用できないため、住宅ローン以外に別途リフォームローンが必要
 さらに、購入後に工事が始まるため、工事の間の家賃等二重払いが発生する可能性もある。リノベーション済みの物件を検討するのもあり

MORE

リノベーションのメリット・デメリット

リフォームのメリット・デメリット

  • 2017 / 6 / 21
-------メリット-------

費用が安い
大掛かりな工事はしないので、リノベーション比べて費用が安い
予算に応じて、必要な箇所のみリフォームできる
工期が短い
・仮住まいなど引越しする必要がないので、規模によっては建物に住んだまま工事を終わらせる
完成後の住居をイメージしやすい
住宅の機能を新築の状態に戻す事が主な目的なので、建物の見た目や機能が大きく変化することがない
-------デメリット-------

住所の機能は改善しない
壊れたり老朽化した箇所を直したり、修理するのみで住宅そのものが持つ機能は改善しない
コストパフォーマンスが悪い
建物の残す部分を傷つけないように少しずつ壊しながら作るという作業の繰り返しになるので、まとめて行うリノベーションや建替えに比べてコストパフォーマンスが悪くなることもある。あまりにもリフォームする箇所が多ければ、リノベーションや建替えを検討したほうが良い

MORE

リフォームのメリット・デメリット